N 邸
設計概要
主要用途:専用住宅
構造:木造2階建
竣工:2011年3月
南立面
南側へ建築物が建築された時を考慮し
2階へLDKを計画。隣地の建築可能範囲から
設計されたハイサイドライト窓から光を確保
南立面
玄関を奥に配置することによってアプローチを長く
保ち敷地の奥行さを確保。スロープが長くなるので
勾配が緩やかになり高齢時にも楽なスロープ。
玄関へのアプローチ(スロープ)
ノンスリップを兼ねて洗い出し仕上。
この仕上のまま玄関土間仕上げも続いて
連続したアプローチを表現。
木製建具と外部照明
ファサードになることから制作木製建具を設置。
木製建具なので雨がかからない為に
上部バルコニーの出を大きく、横には袖壁を設置。
和室下部
収納スペースを確保すると共に両側を解放に
したことにより、新鮮な風が通る風道となっている。
ゆくゆくはベット的な扱いになり、座る事に適した高さ。
和室
ホッと一息付く空間。
広すぎず狭すぎず、障子の癒しの光を
感じることが出来る。
LDK
LDKへのオープン階段との境。
縦格子により光と空気を遮ることなく
居間へ続いていく。
LDK
白い珪藻土と真壁の柱がリズミ駆るに続く。
梁の天端の高さを抑えつつも、天井は
化粧野地板仕上により解放感が心地よい


     一級建築士事務所 二宮建築設計室  代表 二宮 伸吾
     〒468-0030 愛知県名古屋市天白区平針台二丁目    TEL:052-853-9121   FAX:052-853-9131
     Web:http://www8.ocn.ne.jp/~ninomiya/ 
          Copyright (c) Ninomiya Architect's office .ALL Rights Reserved.   ページ先頭へ↑